1. HOME
  2. > 構造と工法
地震に強く省エネを実現 長く住み続けられる安心安全の家

2×6工法[2×4工法の強度を超える2×6工法の枠組壁工法]

北米生まれの2×4(ツーバイフォー)工法(別名、枠組壁工法ともいいます)は、壁の面と床の面および屋根の面によって建物全体を一体化し、一種の箱を組み立てる壁式構造です。
2×6(ツーバイシックス)工法は、外周部の壁厚を2×4工法(38mm×89mm)の約1.6倍(38mm×140mm)で強度、耐震性をさらに強化しました。在来軸組工法は「柱」や「梁」などを点で結合するのに対し、2×6(ツーバイシックス)工法は「面と線」によリ6面体で、建物を支えています
在来軸組工法の一般的木造住宅をマッチの軸で組立てられた家に例えるなら、2×6工法はマッチ箱。6面で成り立っている家です。2×6工法は面構造なので気密性、断熱性に優れ、地震や台風などの外からの力を面で受け止めるため、抜群の力を発揮します。

在来軸組工法
在来軸組工法
2×6工法
2×6工法

※札幌市の時計台が2×4工法の原型となる工法で建てられました。他に代表作品は「北海道豊平館」があります。

2×4工法と2×6工法の材料の違い

  • 2×4材
  • 2×6材

2×6工法の構造

2×6工法の構造

2×6材(140mm)の断熱層に断熱材をびっしり充填し、
さらに外気の進入を抑えて高断熱・高気密化を実現。

【 外壁断熱仕様 】
■一晃建設の家 2×6工法
断熱材 高性能グラスウール
140mm(密度16kg/m³) 24kg相当
■一般住宅の家 2×4工法
断熱材 グラスウール
90mm(密度16kg/m³) 24kg相当

火災保険・地震保険がおトク!

2×6工法は、耐火性・耐震制に優れており、火災保険・地震保険に一般の在来軸組工法に比べて大変お安く加入できます。

■札幌市 建物金額 2,000万円 10年間の火災保険
一般の住宅 約280,000円 / 一晃建設の家 約120,000円 おトク
■札幌市 建物金額 2,000万円(建物価格の50%) 5年間地震保険
一般の住宅 約66,000円 / 一晃建設の家 約33,600円 おトク

2×6工法の優れた特性

耐震性・耐風性に優れている
一般の在来工法の場合、地震や台風等の水平に働く外力が柱や、斜め材等の接着部に集中しますが、2×6工法は壁と壁・壁と床など幅広い面で外力を分散。その為、地震や台風の外からの力を加えられても建物のねじれや倒壊を防止し、面全体で受け止める事ができ驚異的な強さが実現するのです。
1995年の阪神淡路大震災では、震度7という激震で全壊が約10万1000棟、半壊を含めた一部損壊が約8万9000棟以上の大打撃を受けました。2×4協会の調査では、被災地の2×4住宅のうち96.8%が補修をしないでも居住可能な状態である事がわかりました。
断熱性・気密性に優れている
2×6工法は魔法ビンの家と言われている程、気密性・断熱性の高い住宅。構造用合板と防湿フィルムで外周壁を覆い、窓には気密性の高いサッシを使用。断材は外壁と最階下の床と最上階の天井に施しています。当社では、Rフォイルシートの取り扱いもしております。防水・耐放射熱を兼ね合わせ、省エネで快適な居住空間を生み出します。
耐久性に強い
断熱性・気密性を確保しやすい2×6工法ですから、内部結露を防いで、住まいの耐久性を高めます。
さらに、構造材に乾燥材を使用、外壁を通気層工法とし、耐久性を図っています。
耐火性に強い
全ての天井・壁の室内側に、厚さ12.5mmの結晶水が含まれている石膏ボードが使われています。炎に触れたら、水蒸気を放出し発火までの時間を大きく遅らせることができます。火災が発生した場合、火は壁内部の隙間や天井裏等を通って隣室へ燃え広がるケースが多いと言われています。2×6工法では、火の通り道となる床や壁を構成する枠組材がファイアーストップ材となり、空気の流れを遮断、火が燃え広がるのをくい止めます。つまり、壁や床の内部構造がまるで防火区画がいくつもあるような働きをするのです。
居住性が良い
気密性の高い2×6(ツーバイシックス)工法は、音の出入りも抑える優れた遮音性を備えています。
生活音が外に漏れにくいので、家族のプライバシーが守られ、外からの雑音も防ぐことができます。